一乗谷城の戦いとは

谷 一乗 谷 一乗

これにより朝倉軍の近江遠征軍、つまり朝倉本家の直属軍勢と部将はほぼ壊滅した。

20

一乗谷城の戦いとは

谷 一乗 谷 一乗

14・15・16日と信長は敦賀に逗留している。

8

一乗谷朝倉氏遺跡

谷 一乗 谷 一乗

その情報を得た朝倉義景は、自ら2万の大軍を率いて小谷城の後詰に出て、13日、小谷城の北で両軍はげしい戦いとなった。 実際に訪れると山に囲まれた僻地(へきち)という印象もあるが、地形図を広げてみれば、かなり興味深い地勢にある。

一乗谷城の戦い

谷 一乗 谷 一乗

但し、斎藤龍興には生存説が複数存在している。 一乗谷朝倉氏遺跡には、城跡、朝倉家の館跡、城下町を再現した複原町並などがあります。 周辺レストラン• 復元町並 に朝倉氏5代103年にわたり越前の国を支配し、栄華を極めた城下町跡として、発掘された場所に、町並みが復元されています。

15

一乗谷朝倉氏遺跡バーチャルガイド 好評レンタル中!

谷 一乗 谷 一乗

また朝倉側も重臣らが数年来の軍事疲弊を理由に出兵を拒否、やむなく義景自身が出兵するしかなくなるなど、この頃から織田方の内部工作および家中の闘争による崩壊が窺える。 信長は次に朝倉方の僧兵が守備していた丁野城(砦)を襲って手中に収め、そこでも敵兵を解放した。 朝倉氏は但馬出身の豪族で、南北朝時代に朝倉広景が越前に入国した。

一乗谷城の戦い

谷 一乗 谷 一乗

福井市中心部から南東に10キロほど離れたところにある。 一乗谷城 朝倉氏によって当主館の東側背後、西方に福井平野を一望できる標高473メートルの一乗城山に築城された中世山城。

5